欠食

一日3食のうちでも夕食は食事量とカロリーをもっとも控えめにするべきです。食べた後はバタンキュー
出寝るだけだとカロリーがあまって体脂肪に変わりやすいし、

体脂肪を合成する酵素の活性も昼間より
高くなっているからだ。ところが、痩せられない人の大半は、朝昼夕と段階的に食事量と摂取カロリー
が増える逆ピラミッド形の食生活をしているもの。その弱点を指摘すると、夜は一日がんばった
ご褒美に思いっきり食べたり飲んだりしたいから、その分朝食を抜くという欠食行動でつじつまを
合わせようとしますが、それは逆効果です。人は空腹だと飢餓への恐怖から本能的に高カロリーの
食事を選びたがるから、朝食を抜くランチがガッツりでこってり系になる。加えて朝食を食べていないことを
言い訳に、夕食を確信犯的に大食にすると、一日トータルでは2食で通常の3食分より食べてしまう場合も
しばしばある。欠食を避け、決まったパターンを目指しましょう。

ラ・クレンズの効果