綺麗な人は、ここが違う!消化力が老化を防ぐカギ

「こんなに食べてるのに太らないなんて、あの人は卑怯!」、「食事の量をガマンしているのに、何で私だけ全然痩せないの?」そう思う女性も多いのではないでしょうか?
実際にその悩みを抱えている女子は多いと思います。では、食べても太らない人と、少量でも痩せない人の違いは何なのでしょうか?
その違いの一つに、”消化力”があります。人は何かを食べると、胃や腸などの消化器官で消化をします。そして、全身に吸収されていきます。もし、この消化力が弱いと、食べ物を十分消化されません。「最近揚げ物を食べると胃もたれをしてしまって…」、「肉を食べると疲れてしまう。」などといった症状が現れてきます。反対に、この消化力が強いとどうなるでしょうか?食べた物を十分に消化、吸収できます。そうすると、身体に脂肪や老廃物として溜まりづらく、全身に栄養が行き渡ります。そのため、太りづらいのです。
では、その消化力をアップさせるには、どうすれば良いでしょうか?
まずできることの一つとして、食事の改善です。アルコールや刺激物、辛い食べ物を避けると良いでしょう。そして、納豆や味噌、ヨーグルトをはじめとする発酵食品を多く摂取するのと良いでしょう。また、きのこ類や海藻、野菜や果物もオススメです。
太りづらい身体を目指すためには、まずは食事から。消化力を高める食材を意識的に選び、理想の身体を目指しましょう!

ビレッグ