なぜダイエットをしてもリバウンドしてしまうのか?

ダイエットに挑戦している人にとって、もっとも嫌なのはリバウンドではない
でしょうか?
せっかくココまで痩せたのに・・・・・・

実際に日本人のダイエット経験者のうち、約60%以上の人がリバウンド
してしまいと言われています。また、リバウンドを繰り返すと太りやすい
体質になってしまい本人が望んだ方向とはまったく逆の方向に進んで
しまうことになりかねません。

リバウンドの原因は以下の2つといわれています。

その1.ホメオスタシスと停滞期

食事制限すると初めは順調に体重は減少します。ただ、途中で停滞期
が訪れます。この原因がホメオスタシスという身体の機能です。

これは身体に少量のエネルギーしか入ってこない場合に、エネルギー
を減少させて身体を維持する機能で、当然ながらダイエット中にもその
機能は働きます。結果余分な脂肪が蓄積されます。

その2.レプチンの量と満足感

ダイエット中は満腹感に変化が起こります。レプチンは脂肪細胞に脂肪
が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質のことです。

ダイエット中はレプチンの分泌量は減ります。ダイエットが終わって
食事を元に戻してもレプチンの量は1ヶ月くらいは元に戻らないため
満腹感が得られず食べ過ぎてしまうことになります。

もっとすっきり生酵素の詳細はココから